コスパ最強!高音質のZERO AUDIO ZH-DX210-CB開封レビュー

国内、海外を問わず数多くのデジタル製品のなかで優れた性能を持つものにだけ与えられるVGP(VISUAL GRND PRIXの略の略)。

そのVGPを2013年、2014年、2016年の3回にわたり受賞したインナーイヤーイヤホンZERO AUDIOのCARBO BASSO(カルボバッソ)『ZH-DX210-CB』を購入したので開封レビューをします。

 

この記事で紹介するイヤホン

created by Rinker
ゼロオーディオ(ZERO AUDIO)
¥2,980 (2019/02/18 14:34:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

ZERO AUDIO ZH-DX210-CB開封レビュー

では早速レビューを始めたいと思います。

パッケージ外観は3000円台の値段相応で高級感があるつくりとは言えませんね。
ZERO AUDIO ZH-DX210-CBパッケージ外観

パッケージ右上にはしっかりとVGPのロゴが貼られています。
ZERO AUDIO ZH-DX210-CBVGPロゴ貼り付け

箱を開封すると、このように本体がセットされていました。
ZERO AUDIO ZH-DX210-CBVGP内箱画像

本体以外にも説明書、サイズ違いのイヤーピース2種類、ZERO AUDIOのロゴ入りの袋が入っています。
ZERO AUDIO ZH-DX210-CBVGP付属品

本体外観を接写してみます。
カーボン部分の光沢がかっこいいですね。
シンプルなロゴもいい味出してます。
ZERO AUDIO ZH-DX210-CBVGP本体外観1
ZERO AUDIO ZH-DX210-CBVGP本体外観3

LRの表示も本体に大きく書かれているので左右の判別も簡単ですね。
ただ暗いところで使用していたら左右同じ形状なので判断が難しいかもしれません。
ZERO AUDIO ZH-DX210-CBVGP本体外観4

ピンジャック部分はL字型なので、ケーブルへのストレスが少ないと思います。
外径も小さく設計されているので、iPhoneなどのカバーを取り付けた状態でも接続には問題ないと思います。
ZERO AUDIO ZH-DX210-CBVGP本体外観2
ZERO AUDIO ZH-DX210-CBVGP本体外観7

左右のケーブルの合流部分にはケーブルがからまるのを防ぐガイドもしっかりとついています。
じつはこれがあるのとないのでは、使い勝手が大きく違ってくるんですよね。
ZERO AUDIO ZH-DX210-CBVGP本体外観5
ZERO AUDIO ZH-DX210-CBVGP本体外観6

ZERO AUDIO ZH-DX210-CB開封レビューまとめ

ZH-DX210-CBは3000円台という低価格なので、ずばぬけた高級感みたいなものはありませんが、かといってつくりが安っぽいという印象も全くありません。

ハウジングで使われているカーボンを全面的に押し出したデザインは、単純に「かっこいい!」と思ってしまいました。

重低音が売りの低価格のイヤホンはデザインが大きくなる印象があるのですが、このイヤホンはそんなこともなく、耳に付ければすっぽり収まるデザインで好感が持てます。

この記事はZH-DX210-CBの開封レビューのみでしたが、次回は音質のレビュー記事をアップさせていただきますので、そちらもぜひご覧ください。

この記事で紹介したイヤホン

created by Rinker
ゼロオーディオ(ZERO AUDIO)
¥2,980 (2019/02/18 14:34:47時点 Amazon調べ-詳細)