『XBA-C10』の音質レビュー!しっかりSONYクオリティー

5000円以下のイヤホンの中では非常にバランスのいい音質で、どんなジャンルにも合う、SONYのカナル型イヤホンXBA-C10』をレビューします。

 

SONYのカナル型イヤホン『XBA-C10』をレビュー

「癖がない」

『XBA-C10』の第一印象です。

安いイヤホンによくある、音のこもった感じが全くなく、そのおかげで女性ボーカルやPOPS等の楽曲は非常にキラキラと輝いて聴こえます。

低音もしっかりと出ていますが、ドンシャリというほどの量ではありません。しかし、色々ななジャンルを聴く人にとっては、これぐらいのほうが使い勝手が良いと思います。

いい意味でイヤホンに主張がないので、どんな楽曲でも癖がなくスッキリと聴くことができます。曲に寄りそう感じの音作りは、しっかりSONYクオリティーです。

普段からいろいろなジャンルを聴く人で、安くていい音のイヤホンを探しているなら『XBA-10』は選択肢の一つに入れてもいいと思います。

Norah Jonse『Don’t Know why』を聴いてみた

音場は決して広いとは言えませんが、音に奥行きを感じます。ノラの声とピアノの響きは非常にスッキリしていて、若々しく感じます。

低音、特にウッドベースの音が少し弱めですが、値段を考えれば十分だと思います。

NIRVANA『Smells Like Teen Spirit』を聴いてみた

重低音は出ていません、ドラムの音が特徴的な楽曲ですが、バスドラが少し軽すぎる気がします。曲に重さと深さがありません。

ただ、ギターの粘りのあるディストーションサウンドはいい味出しています。それだけに低音の弱さがもったいない。

ロックに的を絞っての使用は、少し厳しいかもしれません。

YUKIの『JOY』を聴いてみた

どこに比重を置くかで評価が分かれますね。NIRVANAの感想の流れで行くと、やはり低音が少し物足りなく感じます。

しかし歌ものとして聴くならば、バックの音が一歩引いたような感じで聴こえるので、YUKIの声のおいしいところに聴き入ることができます。

BA型イヤホンの特徴である高音、中音域の響きの美しさを体現しています。

総評

普段から低音強めの音質を好む方は、このイヤホンではスカスカの印象を受けるかもしれませんね。

ただ最初にも書いたように、癖のない音質なので、いろいろなジャンルを聴いている方は、このバランスの良さは、何かと使い勝手がいいはずです。

このバランスの良さで3000円前後の値段なら、コストパフォーマンスが高いイヤホンだと思います。

この記事に関連する商品