レビュー

ハイレゾウォークマンNW-ZX1の開封レビューやってみました。記事画像01

ハイレゾウォークマンNW-ZX1の開封レビューやってみました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

『NW-ZX1』が我が家にやってきました。

もう財布の中身はすっからかんでございます。
しばらくはひもじい生活に身を捧げます。
しかし!!こいつがあればきっと頑張れるはず、、、

R0018011

とゆうことで今回は、ソニーのフラグシップウォークマン
『NW-ZX1』の開封レビュー
をしたいと思います。

音質レビューは現在、鳴らしこみ中なので
あらためて記事にします。

ヨドバシからやってきました!!

ヨドバシの段ボールにおさめられて、
こんな感じでやってきました。

R0017937

段ボールを開けると

R0017944

いたって普通のソニーです。
外箱を開けてみましょう。

R0017957

おおっ!!
ハイエンドモデル臭がぷんぷんしてきます!!

パカッ

R0017960

ニヤニヤが全開です。
この凛としたたたずまい、

「下位モデルとは違うのだよ」

とシャアの声で脳内再生されました。

 

NW-ZX1を色々な角度から撮ってみました。

R0018011R0017993

『NW-ZX1』の顔ともいえるイヤホンジャックです。
削りだしの質感がたまりません。

ストラップを取り付けることもできます。

R0018006

ジャックの上にはソニーの
ハイレゾ対応ステッカーが貼られています。

余談ですが、液晶保護フィルムを張るときに
邪魔になったので、この後はがしました。

R0017995

サイドビュー!!

コンデンサ内臓部分がもっこりとしています。
手に取るとわかるのですが、このふくらみが
意外なほどしっくりきます。

操作用のボタンの加工もぬかりなしです。

美しい、、、

R0018013

後ろ姿は滑り止めの役割もある、
皮っぽい加工がされたゴム?
よくわかりませんがシックなデザインです。

「カスタムメイドでデザイン変更できたらな、、、」

なんて思ったり。

バックのウォークマンのロゴは
スピーカーになっています

R0018043

 

さらっと忍ばせているのが、
心憎い演出ですね。

NW-ZX1とiPhone5と並べてみた

大きさの参考になればと思い、
手もちのiPhone5と並べてみました。

R0018020

R0018026

NW-ZX1のほうが厚みがありますが、
全体のサイズ感は同じくらいでした。

 

NW-ZX1の同梱品

今すぐにでも音を確かめたい気持ちを抑え
さらに二重底を開けて同梱品を確認しました。

R0017968

何やら箱のようなものが入っていますね。
この箱をどけてみましょう。

R0017969

色々でてきましたよ。
ちょっと並べてみましょう。

R0017970

パソコン接続用のUSBケーブルや
専用ケース、謎の箱と、ビニール袋です。
謎の箱の中には取説や保証書(保証期間1年)が入っていました。

R0017972

ビニール袋の中身はコネクタ用のキャップと謎のゴム板。
取説を読んでみると、ポタアンに接続するときに間にはさんで使うみたい。

R0017977

ということで、手持ちのPHA-1で実演してみましょう。

ゴム板をはさまないと、こんなにもななめです。

R0017992

それが、ゴム板をはさむと

R0017990

みごとにスッキリです。

PHA-1とNW-ZX1はデジタル接続できないですけどね(汗)

ソニー製品はこういうユーザの使いやすさ考えた
オプションが多いので好感が持てます。

次はコネクタキャップです。
このキャップにはプラグを通すための輪っかが付いています。

R0017978

R0017984

これならキャップを紛失するリスクもへりますね。

ただプラグを抜くときに一緒に
外してしまうことがよくにあります。

輪っかは大きく広がるので、
よほど大きいプラグでなければ収まるはずです。

 

付属の専用ケース大変なことになっています

先にいいます。

ダサい!!ダサすぎる!!

見た瞬間ちょっと引きました、、、

R0018036

「なにこれ?ぬりかべみたい」

とってもヌッペリとした質感です。

装着するとこんな感じ。

R0018033

R0018034

完璧に覆われてしまって『NW-ZX1』の
影も形も見えません。

側面にあるボタンも押せないデザイン、、、

「本末転倒じゃないのか?」

と思いましたが、あくまでおまけだもんねと思い
そっと箱に戻しました。

本質は音なので、オプションにはそこで求めていませんでしたが、
ケースだけは購入者さん達の落胆の表情が浮かんできそうでした(汗)

本体のデザインはとてもかっこいいので
それに見合う専用のケースが
他社から発売されることに期待しておきましょう。

以上『NW-ZX1』開封レビューでした。

この記事に関連する商品

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

プロフィール

icon002
管理人 のら

 
今は無きブログで書いていた記事を
再びアップしています。
内容が古いものもありますが、新しい記事も
どんどんアップしていくので気楽に
ひまつぶしてください。

最近の記事

  1. おすすめ

    ジャズにおすすめのイヤホンランキング記事画像01
  2. おすすめ

    ランニングに最適な防水Bluetoothイヤホンランキング記事画像01
  3. アプリの使い方

    『バンドマンがつくった耳コピアプリ』の使い方記事画像01
  4. おすすめ

    BOSE SoundLink Revolve販売待望の防水対応Bluetoothスピーカーそのスペックは?記事画像01
  5. 役立ち情報

    わかれば簡単!誰でもできる音楽プレイヤーのイコライザの使い方記事画像01
PAGE TOP