SONYのMDR-1Rのレビューです。

 

SONYが本気を出したヘッドホンMDR-1Rのレビューです。

購入して、1ヶ月程度の現段階でのレビューです。
某価格サイトによるとエージングやリケーブルで
音質が劇的に変わるとの情報もありますので、
そこは後日検証していこうと思います。

まず全体的な音質ですが、高音が弱く中、
低音に比重が置かれた音質です。

やはり多くの方のレビューにあるとおり、刺激的な音ではなく、
ゆっくり長時間聴いていても聞き疲れのしない音になってますね。

ただ、管理人の好みとしては高音はもう少し
前に出てきて欲しいと思ってしまします。

バンドのシンバルの音が後ろの方から
聴こえてくる感じはあんまり好きになれません。

ボーカルや低音の質がいいだけにもったいない。

これはリケーブルとエージングに期待したいところです。

音場は密閉型のヘッドホンにしては広いじゃないかといったところで、
驚くほどのものではないですがやたら縦に広がっている気がします。

MDR-1RでNorah Jonse『Don’t Know why』を聴いてみた

やっぱりスネアがだいぶ後ろからきこえる(汗)

ボーカルは丸い音作りのお陰でささることもなく、
自分の目の前で歌っているような距離感。

このボーカルの距離感は結構好きです。

MDR-1RでNIRVANA『Smells Like Teen Spirit』を聴いてみた

うーん、難しい非常に難しい(汗)

カートの声は臨場感があるのですが、
周りの音がそれをカバーしきれていない感じがします。

ギターやスネアやシンバルが薄くもや~としてます。

そのくせバスドラの低音はしっかり主張するし。

やはり高音の弱さはロックサウンドでは致命的なものかもしれない。

ドンシャリでもなくかまぼこでもない、変な音(;´д`)トホホ…

もったいない、高音さえ出ればものすごくしっくりくるいいヘッドホンなのに、、、

MDR-1RでOASIS『What ever』を聴いてみた

やっぱり音場が縦にきこえる。

解像度は悪くなく音源の悪さはしっかりと聞き取れる(・∀・)

と普段ならこの三曲で終わるのですが、

これではMDR-1があまりにも低評価に思われるので、
そんなことないよとフォローしておきます。

MDR-1Rは女性ボーカル+電子音とものすごく愛称がよろしい!!

Perfumeなんか聴くとちょっと感動してしまいます。

あと管理人はボカロは聴かないですが
その辺との愛称もいいんじゃないでしょうか。

MDR-1Rについてはエージングやリケーブルなど
まだまだ変化が楽しめそうなので、また後日再レビューしたいと思います。

この記事に関連する商品