B&WのP5はリケーブルで音質が変わるのか?

B&WのヘッドホンP5リケーブルによって
どのように音が変わるのか、実際に検証レビューしてみます。

 

P5はリケーブルする価値ありです。

対象となるケーブルは2種類です。

オヤイデ電気より発売されたB&W公認で
日本限定発売のP5専用リケーブル『PEC/P5』(写真左)

と管理人がオーグラインで自作したケーブル(写真右)のです。

『PEC/P5』はオヤイデ電気より発売されたP5専用リケーブルですが、
純正ケーブルの不自然にこもった感じが消えて、
よりP5らしい丸くて温かい音になります。

残念ながら現在は発売中止となっていまが、
オークションや再販売で売りに出されることもあるので、
P5ユーザーはこまめにチェックして見ることをおすすめします。
※管理人はここで偶然見つけて通販で取り寄せました→AC2

自作のリケーブルは自作ヘッドホンケーブルと言えばこれ!
というくらいよく名前の上がるオーグライン(純銀線)を使用しています。

単線でそれを三本もよっているので
取り回しは決していいとはいえませんが、
P5がちょいワルになるその音は、
ロックやポップス好きなら一聴の価値ありです。

音質としては正反対とも言える2本のケーブルかもしれませんが、
どちらも純正の付属ケーブルよりもはるかにいい音を鳴らしてくれます。

ケーブルを取り付けたらそれぞれこんな感じです↓

B&W_P5recable02B&W_P5recable03

それでは聴き比べていきましょう。

B&WのP5リケーブルをノラ・ジョーンズ『Don’t Know why』で聴き比べ

PEC/P5はマイルドで暖かい音です。

Voに艶がでて囁くように歌うノラの声がより優しく聴こえる。

バックのピアノやギターの音も角がとれて丸みを帯びているのだが、
その丸さが不自然に感じない丁度いい所を鳴らしてくれている。

そんな楽曲において、土台のベースとドラムの音が
全体を気持よく包み込むこの音は
聞き疲れとは無縁なまさにP5の音である。

オーグラインは、首筋がゾクゾクします(汗)

ノラの声が耳のすぐそばに、この音はPEC/P5と比べるとなまなましく、
楽器の音も丸みはなくストレートになっている気がします。

そのせいか楽曲としてのまとまりが失われた気がします。

好き嫌いが別れる音だと思いますが、
管理人はノラ・ジョーンズはPEC/P5で聴きたいと思いました。

B&WのP5リケーブルをNIRVANA『Smells Like Teen Spirit』で聴き比べ

断然オーグラインです!!

PEC/P5では曲全体がぼやけた印象をうけるのですが、

オーグラインケーブルに変えた途端、
バスドラの音の芯がはっきりとして
それぞれの楽器の音も分離が良くなりました。

ロックが鳴っているといった感じです。

ノラ・ジョーンズでは良い感じに作用した
PEC/P5の丸さがNIRVANAのような音では
その荒々しさや歪みを削りとってしまいすね。

B&WのP5リケーブルをOASIS『What ever』で聴き比べ

『what ever』はPEC/P5は聴けたもんじゃないです。

この曲は実にいろいろな音が混ざっているのですが、
それが全部一緒になって自分の耳に投げ込まれる感じで

「どこでどんな音が鳴っているのと?」

となってしまいます。

大雑把すぎてとても聴けたもんじゃありません。

これがオーグラインにかわると音の分離が良くなり
一つひとつの音がきれいにほぐれてスッキリと聴こえてきます。

B&WのP5リケーブルの総評

バラードや楽器構成の少ない歌ものでは
PEC/P5の暖かさはかなり心に染みます。

角が立たず丸く丸く納めてくれるその音は本当に聴き疲れしません。

ただノリのいい曲でオーグラインと比べてしまう
とやはり聴き劣りしてしまいます。

(付属ケーブルと比べれば断然PEC/P5のほうがいい音です)

オーグラインは「P5でこんな音が出せるんだ」
と感心させてくれる音を出してくれます。

低音が締り、高音が純正やPEC/P5よりもクリアになるので、
曲がより生々しくきこえます。

ロックやテクノなどを聴くときはやはり
こちらを選んでしまいますね。

ロック好きのP5ユーザーには
オーグラインのリケーブルはものすごくお勧めです。

この記事に関連する商品

created by Rinker
バウワースアンドウィルキンス(Bowers & Wilkins)
¥29,246 (2019/06/15 18:49:32時点 Amazon調べ-詳細)